こども園の保育士求人

保育士転職エージェントTOP >> 勤務先別の保育士求人 >> こども園

こども園の保育士求人

こども園の保育士求人に応募する際には、よく求人内容を確認する必要があります。というのも、こども園は四つに分類されており、それぞれ内容が異なるのです。

まず一つ目が幼保連携型と呼ばれるタイプになります。この幼保連携型は、保育園と幼稚園両方のシステムを兼ね備えた形の施設です。次に幼稚園型と言って、施設そのものは認可幼稚園ですが、保育を必要とする方のために保育園としても機能する施設として活躍しています。さらに、幼稚園型の逆バージョンとも言えるのが、保育所型と言って施設は認可保育園ですが、幼稚園的な機能を備える施設になります。そして最後に地方裁量型と言って、無認可の保育施設がこども園として運営されているものです。

これらの施設は、それぞれ運営方針やシステムが違いますが、いずれの施設もこどもを預かってお世話したり教育をするということは変わりません。ただ、保育園的要素が強いのか、幼稚園的な要素が強いのかで、働く側の働き方も変わってきます。基本的に母体が幼稚園の場合は、幼稚園的要素がメインとなりますので、幼稚園教諭の免許を持った職員がメインで働きます。逆に、母体が保育園の場合には、保育園的要素がメインとなりますので、保育士の資格を持った職員がメインで働きます。

どちらの方が良いということはありませんし、待遇もどのタイプの施設がというよりは、その施設ごとによって違いますので、求人をよく見て応募するのが良いでしょう。ただし、保育士の方が働くのであれば、やはり保育園色が強いところで働く方がおすすめです。幼稚園メインの施設の場合、保育士の免許しか持っていないと、できる業務が限られてしまうからです。幼稚園での業務は、幼稚園教諭の免許を持った方でなくてはできませんので、保育士の資格しかないとどうしてもサポート業務に回ることになってしまいます。

もし、これらの施設で働く場合、理想としては保育士の資格と幼稚園教諭免許の両方を持っている事です。両方を持っていれば、幼稚園教諭としてでも保育士としてでも、どちらの立場ででも子供と接することができます。業務内容も制限されることはなく、収入面でも手当などはしっかりともらえる可能性が高まります。ただし、そうなると現場ではかなり体力を使うことになることが予想されますので、注意が必要です。なんでもできるということは、それだけ多くの業務を任せられてしまう可能性があります。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.