土日休みの保育士求人

保育士転職エージェントTOP >> 条件別の保育士求人 >> 土日休み

土日休みの保育士求人

ずっと働きづめで、きちんと休みが取れないと身体的にも精神的にも疲れてきてしまいます。特に保育士としての仕事は体力勝負な上、子ども相手の仕事なので疲れていても笑顔でいることが求められ、休みなしで働き続けて自律神経のバランスを崩してしまう保育士は珍しくありません。きちんとリフレッシュするためには、土曜日と日曜日、2日続けて休暇を取ることが必要な保育士もいることでしょう。保育士の資格を生かせて土日も休める求人を探すにはどうしたら良いのでしょうか。

求人情報で、「土日休み」で検索すると、いろいろな保育園がヒットするかもしれませんが、情報を鵜呑みにしてはいけません。保育園は、親が働いている間に幼い子どもを預かる役目を担っていますので、土日休みの求人は実はあまり多くありません。求人情報に「土日休み」と書いてあっても、実際はシフト制で月に数回は土日出勤があったり、土日休みが選べるのはパートタイムで勤務する保育士だけに限っている保育園もあります。本当に土日休みの保育園かどうかを確かめるには、保育園のホームページから園児と保護者向けの情報をチェックしてみましょう。土日祝日の休日保育はしません、とはっきり明記してあれば、安全です。休みをきちんと取れる保育園に転職したいのであれば、ホームページ上で休日保育を積極的にアピールしている保育園は避けたほうが無難です。

休日保育を実施しておらず、土日に開園していない保育園でもイベントや行事が多い保育園は要注意です。イベントの準備が間に合わず、土日で保育園が休みの間に自宅でイベントや行事に使う小道具を作ったり、資料作成やイベントの写真をまとめて保護者に配信するなどの雑務をこなさなければいけないことがあるからです。保育園に行かなくても出勤しているのと変わらず、出勤していないのでその日の分の給与はもらえません。

土日休みにこだわるのであれば、保育園ではなく事業所内で運営されている保育所に転職するのがお勧めです。事業所内で運営されている保育所が預かる子どもたちはすべて、その事業所内で働いている従業員の子どもたちですから、会社が休みの日は保育所も一緒に休みます。一般的な会社は土日祝日休みになっていることが多く、年末年始の大型連休もあります。一般的な保育園では、人手が足りず有給休暇はあるものの実質使えない職場もありますが、製造業は有給休暇が取得しやすい傾向にあります。有給休暇を取りやすい事業所なら、事業所内保育所で働く保育士も、申請すればすんなり有給休暇を許可してもらえることが多いことでしょう。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.