残業少なめの保育士求人

保育士転職エージェントTOP >> 条件別の保育士求人 >> 残業少なめ

残業少なめの保育士求人

保育士として働いている人の中には、残業がつらくて転職を考える人もいることでしょう。保育士にとって保育園はどうしても残業が多くなりがちな職場です。働いている親は会議や残業で決められた時間に迎えに来れないことがあります。自分の退勤時間になっても、お迎えがまだの子どもを置いて先に帰るわけには行きません。さらにイベントや行事の前には、飾り付けの小物などの制作が間に合わず、家に持ち帰って作ることも珍しくありません。

勤務時間を超えて働いた時に残業手当が付けば良いのですが、保育園ではサービス残業が当たり前になっていて、これが問題をさらに深刻にしています。厚生労働省の調査では、保育園の保育士の残業時間は月にたったの4時間ですが、これは保育園が保育士に残業代を払った時間です。中には保育士のサービス残業が100時間を超えている保育園もあります。さらに、勤務する保育士用にタイムカードを設置していない保育園もあり、親のお迎えが遅れても、そもそも残業時間をカウントするしくみがないケースも多いのです。

残業時間が少なめの保育園で働きたいのであれば、残業時間が少ないと書かれている求人を探せば大丈夫だと思い込むのは危険です。残業をしても残業代を付ける時間が少ないというだけの意味かもしれません。多少なら残業しても大丈夫だと思えるのであれば、最初から残業について正直に情報を載せ、残業代をきちんと払ってくれる求人を探しましょう。

ひんぱんに求人情報を載せている保育園も要注意です。ひんぱんに募集をするのは、せっかく採用しても1〜2カ月で辞めてしまい、また募集をしないといけなくなったというケースが多いからです。就職したものの職場でのサービス残業が当たり前になっていて、残業する時間も極端に多いと、転職したばかりの保育士は負担に感じます。就職前に施設見学に行って、若い保育士が多くて、ベテランや長く勤めていそうな保育士があまりいない保育園は、サービス残業などの問題で保育士が入れ替わっている可能性があります。

残業少なめを転職の必須条件にしたいほど今の保育園で追いつめられているなら、保育園ではなく、最近はやりの事業所内保育所への転職をお勧めします。自社で働くために保育所も作ってしまおうという従業員思いの会社ですから、保育所で働く保育士にサービス残業を強いることはまず考えられません。保育所の開所時間はその企業の一般的な勤務時間に合わせてありますから、ほとんど定時で退勤できて土日も休みです。イベントや行事も一般の保育園に比べると少ないので、持ち帰り残業もほとんどありません。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.