園長になれる保育士求人

保育士転職エージェントTOP >> 条件別の保育士求人 >> 園長になれる

園長になれる保育士求人

保育士の給与は一般の企業に比べて昇給幅が緩やかなので、30代後半になるまで保育士を続けても普通の保育士の平均年収は約280万円、40代に入ってやっと300万円を超えるレベルだと言われています。しかし、主任保育士になれれば年収は40代で500〜600万円、園長になれば年収1000万円に達することもあるのです。ただ子ども好きというだけではなく、管理者として働いて保育環境を良くすることに貢献したい保育士は、園長になれるようなキャリアを積んで、キャリアアップのために転職を選択するのもお勧めです。園長はそれぞれの保育園に1人しか必要ではないので、それほどひんぱんに求人がかかるわけではありません。園長になりたい保育士はどんな求人を探したら良いのでしょうか。

まず、園長になるには、保育士として10年以上の経験が必要だと言われています。主任保育士になるには8年以上の経験が必要です。園長には大きな権限があり、責任も大きいので、雇ったばかりの保育士に任せられる仕事ではありません。そのため、転職してすぐに園長になるのではなく、園長候補としてしばらくその保育園で保育士として働きながら園の雰囲気になじみ、園の経営者やスタッフ、子どもを園に預ける保護者たちや自治体などの地域コミュニティとも信頼関係を築いていくことが求められます。「しばらく」が数カ月か数年かは、その時の保育園の状況や経営者の考え方によって異なります。園長候補として就職した後、どのくらいの期間で園長にしてもらえるチャンスがあるかは面接の時に確認しておきたいポイントです。

園長になるには、園長候補を必要としている保育園を探す必要があります。しかし、園長がすでに退職している場合を除いて、園長候補を探していることが外からはっきりわかることは少ないでしょう。保育園の経営者は、自分たちと保育に関する考え方や理念を共有でき、性格的にも自分たちと相性の良い人に園長を任せたいと思っていて、園長になりたい保育士ならだれでも良いわけではないからです。そのため、普段から付き合いのある信頼できる人に、誰か良い人が見つかったら紹介してほしいと内緒で相談して、理想の人が見つかるまで辛抱強く待つことも珍しくありません。園長の求人を探すなら、誰でも見れるハローワークやフリーペーパーの求人ではなく、保育士専門転職エージェントに登録して非公開求人から紹介してもらうのがお勧めです。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.