保育士転職と履歴書

保育士転職エージェントTOP >> 保育士転職の基礎 >> 保育士転職と履歴書

保育士転職と履歴書

いざ転職しようとなると、履歴書を書かなければいけません。履歴書は転職希望先に初めて提出する自分自身のプロフィールです。面接前に目を通してもらうので求職者の第一印象と直結する大切な書類です。履歴書は初めて就職した時にも書いたはずですが、学生時代は先生や友達がいつでも相談にのってくれていましたから、言われるままに何となく書いていて、どう書いたら良いかノウハウなど全く覚えていないという人もいることでしょう。たくさんいるかもしれない就職希望者の中から選んでもらうために、保育施設の採用担当者の目を引くような履歴書を作成するにはどうしたら良いのでしょうか。

まず一番大切な点は、心を込めてていねいに書くことです。最近は履歴書の作成もパソコンを使うのが当たり前ですが、保育の世界ではいまだに手書きの履歴書が主流です。なぜ手書きの履歴書を求められるかというと、保護者と連絡帳でやり取りする機会が多いため、誰にでも読みやすいきれいな字を書けるかどうかも採用基準として重要だからです。インクの色は黒が基本で、修正テープや修正液で書き直してはいけませんし、こすると消えるフリクションボールペンを使うのは言語道断です。油性のボールペンはインク溜まりができやすいので、水性ボールペンか万年筆を使用すると良いでしょう。誕生日や資格の取得年月などを書くときは和暦と西暦のどちらを使っても良いのですが、必ずどちらかに統一します。入学・卒業・資格取得・入社・退職などの年月はきちんと確認して正しく記述し、すべて書き終わったら誤字や脱字がないか読み返しましょう。もし、間違いを見つけたら、面倒でも新しい用紙に書き直します。

志望動機と自己PRをどう書き分けたらよいかわからず、履歴書を書くときに内容がかぶってしまう人も多いです。志望動機は、その保育施設に転職したなら自分の転職理由がどのように満たされるかを書きます。自己PRには、その保育施設が自分を採用してくれたら、自分がその施設にどれだけ貢献できるかを書きます。具体的な経験などを含めて書くとより説得力が出ます。しかし、内容が多過ぎて枠からはみ出してしまったり、字が小さ過ぎると印象が悪くなり、読んでもらえないこともありますから注意しましょう。60〜80文字程度を1文にして、言いたいことは4〜5文でまとめるのが理想です。

履歴書を完璧に仕上げたら、最後にコピーを取っておきます。面接官は提出された履歴書を見ながら面接します。履歴書に書いた志望動機や自己PRと同じ内容で面接官の質問に答えられるように、面接直前に履歴書のコピーを見ながら練習します。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.