保育士転職と職務経歴書

保育士転職エージェントTOP >> 保育士転職の基礎 >> 保育士転職と職務経歴書

保育士転職と職務経歴書

保育士の資格を取る大学や専門学校を卒業して最初に就職した時は、履歴書に書いたのは学歴だけだったかもしれません。しかし、保育士として転職するとなると、履歴書のほかに職務経歴書も書くように求められることがあります。職務経歴書とは何でしょうか。職務経歴書と履歴書の中の職歴はどこが違うのでしょうか。

職務経歴書は、採用する側からすると、職務経歴書を読むことによって、求職者が今持っている能力とこれまでの経験からどんなスキルを身につけているかを把握し、この人を雇ったらどんな仕事を任せられるか、どれだけ戦力になるかを判断する材料です。求職者の側からすると、今までどんな保育施設で、どのような経験を積み、どのような部分を評価されてきたかなどの実務能力をアピールするための書類です。

履歴書に含まれる職歴では、働いた施設の正式名称と入社した年月や退社した年月などを箇条書きします。これに対して、職務経歴書では、その施設内で実際にどのような業務に当たったか、どんな経験があり、職場の上司や保護者に自分の働きぶりがどのように評価されたかなどを書きます。受け持ち人数や何歳児の担当だったかなど、できるだけ具体的な数値を使うと説得力がアップします。リーダーやクラス担任などの経験があれば、大きなアピールポイントになります。クラス担任をしたことがない人は、行事担当や書類作成など自分ががんばったと思えることを書きましょう。保育園や保育室以外で働いてきた人は、前に勤めていた施設の事業内容や実際に行っていた業務などを知らない人が読んでもわかるようにていねいに書いてください。職務経歴書に書く自己PRでは、求人先の保育園などの保育理念や運営方針を盛り込みつつ、自分の言葉に噛み砕いて書くと良い印象をもってもらいやすいです。インターネット上で調べると保育士用の職務経歴書のテンプレートもありますが、そのまま写して使うと、他の面接者と内容がかぶってしまう恐れがあります。まる写しは絶対にやめましょう。

保育士の履歴書は手書きで書くように求められるとしても、職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的です。大きさは履歴書の大きさとそろえたB5横書きが基本です。文字は10.5〜12ポイントくらいのサイズにし、職務経歴書の枚数は1〜2枚がベストです。

最後に誤字や脱字、日本語として不自然な表現がないかもう一度見直します。パッと見て読みやすいレイアウトになっているかも確認しましょう。職務経歴書は履歴書と一緒に提出します。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.