京都市の保育士求人

保育士転職エージェントTOP >> 人気エリアの保育士求人 >> 京都市

京都市の保育士求人

京都市の保育士求人を実際に調べてみると、正社員でも月給20万円を切るところがたくさんあります。京都でも保育士の低賃金は変わらないようです。京都府全体の保育士の平均年収を見てみると、その金額はおよそ350万円前後でした。それに対し、保育士全体の平均年収は320万円です。約30万円上回ってはいますが、そもそも保育士全体の平均年収320万円が低すぎるので、決して金額は高くありません。

例えば、京都府の保育士以外の職種の年収の平均金額は480万円くらいになりますので、100万円以上の差があるということから、保育士の年収の低さがわかります。また、保育士は正規雇用が少ないことも問題となっています。京都で非正規雇用で保育士として働く場合、求人情報などを見ると時給は1000円前後のところが多いのです。交通費は支給されるものの、これでは厳しいものがあります。そんな中でも、できるだけ安定を求めるのならば、公立の保育園に正規雇用として就職するのがおすすめかもしれません。

公立保育園に勤めると、地方公務員となります。公務員ならば、きちんと勤め続ければ給料はそれなりに上がりますし、ボーナスは間違いなく支給されるでしょう。ただし、公立の保育園に勤務できても、新卒の頃の給料は一般的な保育園の保育士とそれほど差はありませんので、勤め続けなくてはそのメリットはあまり感じられません。しかし、やはり公務員と言うのは大きいのではないでしょうか。

次に、公立の保育園以外では大きな企業が運営している保育施設もおすすめです。京都市内なら大企業もたくさんありますので、例えば企業内保育所もありますし、それ意外でも企業で運営している保育施設や幼児教室はたくさんあります。こうした施設の場合、しっかりとした経営に基づき利益が上がっていることが前提となりますが、経営状態がよく利益が出ていれば、そこで働く保育士の年収も一般の保育園よりアップを期待することができます。ただし、その逆の場合も考えられます。

保育施設を運営する企業に体力があまりなかったり、経営状態が悪ければ賃金が引き下げられたり、ボーナスが支給されなかったり、リストラや最悪の場合は企業が倒産して無職となってしまう可能性もあります。そんなことを言い出したらきりがありませんが、求人へ応募する際には、出来るだけどういった企業が運営しているのかや評判などチェックしてみると良いでしょう。

保育士の人気求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
ヒトシア保育 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2022 保育士専門転職エージェントおすすめランキング All Rights Reserved.